Q&A

【革ジャン・ライダースのリペアについて】

Q1: ジッパー交換の際、既存のスライダー(引き手)は使用可能ですか?
A: 既存のスライダーを再利用してのリペアが可能な場合もございますが、既存のスライダー自体調子が悪い場合はスライダーも新しく交換になります。

Q2: ジッパーのエレメント(務歯)が幾つか取れてしまったのですがその部分のみのリペアは可能ですか?
A: 一度取れてしまったエレメント(務歯)部分のみのリペアは当店では行っておりません。ジッパーはすべて新しく交換になります。

Q3: 袖丈を短くして欲しいのですが袖口についているジッパーはそのまま使用出来ますか?
A: 袖口のジッパーは、長さそのままで再利用致します。尚、当店では袖丈カットをする際、ジッパーもそのまま上へ移動し、オリジナル通りの仕上げに致します。

Q4: 袖丈カットを肩側より出来ますか?
A: 肩側よりの袖丈カットは致しておりません。袖口からの加工になります。その理由としまして基本的に袖山部分の原型の変更は不可能なためです。他店では行っているところもありますが既存通りのきれいなラインは出ません。

Q5: サイズを42inchから38inchへ出来ますか?
A: 当店でのサイズダウン加工の場合、inch表示ではなくすべてセンチ表示でのオーダーをお願いしております。ライダースジャケットの場合、肩つめ加工に伴い背中付近のアクションプリーツ部分や身頃(脇)のマチ部分の作り変えが必要であったりとかなり大掛かりな補正となるため料金は結構掛かってしまいます。また少しのサイズダウンの場合でも同じ様な内容になる場合があります。お客様のご予算に応じて部分的なサイズダウンもご提案させて頂きますので別途ご相談下さいませ。

Q6: 前側(前身頃)は丁度良いのですが後側(背中)が特にあまっています。後身頃のみのサイズダウンは出来ますか?
A: 後身頃のみだけを極端にサイズダウンすることは出来ません。

Q7: 袖幅(二の腕)をかなり細くしたいのですが限界はどれくらいですか?
A: 二の腕あたりでぐるり全体に4cm前後(周囲径)が補正の限界になります。ごく稀にお客様からのご希望でそれ以上詰める場合もありますがは加工後のシルエットは既存のジャケットとは全く異なり動き難くなります。

Q8: アームホール(腕付け根まわり)のみをサイズダウン出来ますか?
A: アームホール(腕付け根まわり)のみのサイズダウンは出来ません。

Q9: レザージャケットの裏地を全部交換できますか?
A: 総裏地交換や袖部分の裏地交換は可能です。

Q10: 一般的なリフォーム店との違いを教えてください。
A: 当店と一般的なリフォーム店との大きな違いは技術力と工場設備(ミシン等)です。革製品と布帛製品とは、その技術や使うミシンなどが全く違うものです。
当店は革製品の縫製技術が専門で、日本でも数少ない革衣類の熟練技術をもつ職人が、専用のミシンや工具を使って、革ジャンなどのオーダーメイドをはじめリペアなどをしています。一般のリフォーム店で革製品のリペアや補正(リフォーム)をしているところがあるようですが、「???」と感じております。一度素人が手を入れるとせっかくの革が台無しになってしまうなんてことが多々ありますので、はじめから革製品専門の当店にご相談していただくことをお勧めします。

▲TOP


【フライトジャケットのリペアについて】

Q1: A-2・B-3のフロントジッパー交換は技術的にかなり難しいそうですが大丈夫でしょうか?
A: A-2ジャケットの場合、ネックフック・クルミボタン等の関係でフロントジッパー取り付けがかなり特殊になるため、一般的なリペア(リフォーム)店ではきれいに仕上げることが難しいのが現状です。しかし当店では長年の経験と実績によりオリジナルに近い仕上がりで加工出来ますのでご安心ください。パーツ(ネックフック・クルミボタンなど)の在庫もございます。
また当店でA-2・B-3等のフライトジャケットのジッパー交換に使用するジッパーテープはすべて実物品と同じ素材(綿100%)の物を使用致します。

Q2: CROWNジッパーなどの在庫はまだありますか?
A: CROWNジッパーはすべてデッドストック品となりますので在庫がなくなり次第終了です。在庫状況はその都度お問い合わせください。

Q3: フライトジャケットの袖とウエスト部分のリブニットを交換したいのですがリブを持っていません。大丈夫でしょうか?
A: フライトジャケット専用の袖・・腰リブのストック(在庫)は、豊富にございますのでご安心ください。

Q4: リペアに使用する糸(色・太さ・素材)はオリジナルにあわせてもらえますか?
A: ナイロン系フライトジャケット(MA-1等)にはナイロン30番手の専用の縫い糸を使用し、A-2・G-1・B-3には既存のステッチ糸に出来る限り近い物を使用致します。太さ・色もオリジナルに合わせます。

Q5: MA-1の袖丈と袖巾(二の腕)をサイズダウン出来ますか?
A: MA-1の袖部分は特殊な作りのため袖巾(二の腕のあたり)のサイズダウンには限界があります。袖丈はご希望の寸法にサイズダウン致します。

▲TOP

【革パン・ジーンズのリペアについて】

Q1: 革パンのウエストサイズは丁度良いのすがお尻とモモがかなり大きいです。その部分のみサイズダウン出来ますか?
A: 加工は可能です。加工方法は両脇より均等にサイズダウンしていきます。逆にヒップ・モモ辺りは丁度良くウエストのみが大きい場合なども加工出来ます。

Q2: 革パンのウエスト出しはどれくらいの寸法まで可能ですか?
A: かなりのサイズまで出す事は出来ますが見栄えを考えますとぐるり全体で10cm前後(周囲径)が限界でしょうか。加工方法は両脇(ベルト下~太もも)に三角形の別革をつぎサイズアップ致します。ベルト部分も同様に目立たない位置で接ぎサイズアップ致します

Q3: 革パンのフロントジッパーの取っ手(スライダー)が取れました。こういった場合もファスナーはすべて交換になりますか?
A: 革パンツの場合、スライダーのみの交換と新しくすべて新しく交換する作業の手間がほとんど変わらないためほとんどの場合フロントジッパーはすべて(ジッパーテープ+スライダー)新しく交換になります。

Q4: バイクで転倒して革パンの膝の部分をこすってしまいました。穴も開いています。目立たなくリペア出来ますか?
A: 結論から申しますと目立たなくリペアすることは難しいです。日焼けなどによる色あせや革の表面の傷を消すための処理は当店では致しておりません。今回の方法としてはその周辺の革を新しくパーツ交換するか裏側より当て革リペアするかのどちらかにになります。

Q5: ジーンズをチェーンステッチで裾上げ出来ますか?
A: チェーンステッチでもシングルステッチでもお好きな方をお選びいただけます。カタン糸(綿100%)20番手を使用致しております。なおストレッチ素材が入ったジーンズにつきましてはチェーンステッチ出来ません。

Copyright (C) 2012 izumiya. All Rights Reserved